2012年9月3日月曜日

日本RV協会プレスリリース

日本RV協会より『キャンピングカー白書2012』が発行されました。

昨年度のキャンピングカー販売は、東日本大震災の影響の大きさにもかかわらず、出荷台数および売上金額ともに微減にとどめ、比較的堅調に推移していることが分かりました。

2011年のキャンピングカー出荷台数は3,815台(前年比マイナス5.3%)
内訳はバンコン1,444台、8ナンバー以外1,221台、キャブコン(フルコン・セミフルコンを含む)1,044台、キャンピングトレーラー51台、バスコン39台、その他16台となっています。

またキャンピングカーユーザーを年齢構成別に調べると、「60歳代」が前回の調査より4ポイントアップの34.3%でトップです。

キャンピングカーユーザーの世帯収入を調べると「400万円未満」が19.4%でトップ、「1,000万円以上」を超えました。
キャンピングカーは一部の富裕層だけのものではありません。


詳しくは、日本RV協会プレスリリースをご覧下さい。


↓にほんブログ村・キャンピングカーランキング参加中!
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿